海外では当たり前!日本でもVIO脱毛は流行るべき

日本ではあまり普及していないVIO脱毛

脱毛については、日本よりも欧米の方が先進的で、現在では欧米では女性が脱毛するのは身だしなみの一環として常識レベルにまで浸透しています。

 

日本でも脱毛については一般的となりましたが、まだまだ欧米より遅れているというのは間違い有りません。

 

現在、欧米ではVIO脱毛も一般的となっていて、こちらも女性の身だしなみの一環として広く行われています。

 

欧米のモデルや女優は当然のこと、一般の女性でも身だしなみに気を遣う方には当たり前となっているようです。

 

しかし、日本ではまだまだVIO脱毛は普及したと言い難い状況です。

 

欧米の真似事をすることが大好きな日本であってもVIO脱毛が一般的にならない理由として、日本と欧米の国民性の違いが挙げられます。

 

VIO脱毛はいわゆる下半身のデリケートゾーンの部分に行われる脱毛なのですが、日本では施術を受けること自体が恥ずかしいという風潮となってしまうのです。

 

施術を行うのは同性とはいえ、見ず知らずの方にデリケートゾーンを見られるのは恥ずかしいというのは当然の心情で、否定されるべきことではありません。

 

とはいえ、VIO脱毛には衛生面を始めとした様々なメリットがありますから、可能であれば施術を受けておいた方が良い実用的な脱毛と言えます。

 

VIO脱毛の回数や期間

 

 

 

VIO脱毛は必要かも知れません

 

今までVIO脱毛にはあまり興味がありませんでした。

 

人から見られる部分でもないですし、処理しようと思えば自分でもできそうです。

 

それに脱毛サロンでVIO脱毛をやってもらうのも恥ずかしいという気持の方が大きかったからです。

 

それに大事な部分ですし、脱毛したことで炎症などがおこっては大変です。

 

なにより痛そうな感じがしてとても脱毛する気持ちにはなりません。

 

友人がVIO脱毛をやってみると言ったときにも何故そんな部分を脱毛するのかわからないですし、ピンときませんでした。

 

今では水着になることもないので私には必要ないと思っていました。

 

ところが最近、デリケートゾーンの臭いが気になるようになってきました。

 

いくら清潔に保ってもイマイチ効果が現れません。

 

そこで調べたところ、アンダーヘアの処理に関係していることに気づきました。

 

あまり処理していないと蒸れることで、デリケートゾーンの臭いが発生しているようです。

 

自分で処理しているつもりでも、脱毛サロンでの脱毛と比べるとやり方に問題がありそうです。

 

デリケートゾーンの臭いが改善されるのであれば、VIO部分の脱毛もやってみるべきだと思うようになりました。

 

やはりムダ毛は生えていてもいいことがありませんね。

初めてのVIO脱毛を体験してきました!

 

先日、ミュゼで初めてのVIO脱毛を体験してきました!

 

以前から、ワキの脱毛と、ひざ下の脱毛には通っていたのですが、その効果が4回目ぐらいでやっと出てきました。

 

そうすると、毎週毎週自分で剃らなくていいなんて、なんて楽ちんなんだ…!と気づき、他の部分もやってみたくなったというわけでございます。

 

今まで脱毛していない箇所で、1番気になっていて、切実に困っていたのが、VIOラインです。

 

ちなみに、VIOとは、ショーツの両脇のVライン。

 

大事な部分のIライン、おしりの穴周りのOラインのことです。

 

そう、自分ではケアしにくい場所なんです。

 

でも、夏場の水着や、下着になる場面を考えると放っておくわけにもいかず、いままでも困っておりました。

 

なぜならば、私、剛毛なんです(涙)VIOがとっても気が強い感じに育っておりまして、手を焼いておりました。

 

これまで、Vラインなんかは、自分でカミソリで剃ってみたこともあるんですが、あれって、どうして剃ると濃くなるのでしょうか!?

 

黒いプチプチが剃るたびに目立つようになってきてしまい、もう、こうなるなら最初から手をつけるんじゃなかったと後悔するはめになりました。

 

そんな時にいくことにしたのがミュゼのVIO脱毛です。

 

正直、恥ずかしかったです。

 

きれいなスタッフさんにお手入れしてもらうのがなんだかもう申し訳なくて。

 

でも、はじまると、くすぐったさでそれどころじゃありませんでした。

 

ワキもくすぐったさを感じてしまうほうだったのですが、こっちのほうがワキよりくすぐったい!

 

どうしても動いてしまう私にスタッフのお姉さん苦笑いでした。

 

結果なんですが、1回目だとやはりまだ効果のほどはわかりません。

 

が、数回やればワキと同じで絶対にキレイで楽ちんになれるので、このまま続けていきます!