海外ではあたりまえのVIO脱毛

海外ではあたりまえのVIO脱毛

家庭用の脱毛器が流行っているのは、ワキ毛やすね毛あたりを脱毛する要途と、VラインやIラインなどの、いわゆるVIO脱毛に使っている人が多いのです。

 

VIO脱毛は、ハイジニーナ脱毛としてエステサロンで脱毛することも可能です。

 

大手のエステサロンは両ワキ脱毛がワンコインでできる等のキャンペーンを行っていますが、どこのエステサロンも同じキャンペーンをしているので、ハイジニーナ脱毛を安く売り出しているエステサロンが増えてきています。

 

最近は有名芸能人もVIO脱毛を公言するため、無駄なアンダーヘアを綺麗に処理しているのは女性として当然のことであるかのような考え方に変わってきました。

 

海外では足脱毛と同じような頻度でVIO脱毛が行われており、特に恥ずかしいなどの考え方は全く無いのです。

 

そんな事から、アンダーヘアの脱毛は常識になりつつあります。

 

女性週刊誌にもVIO脱毛で綺麗な仕上がりと格安なキャンペーンの情報が常に掲載されており、Vラインの残すアンダーヘアの形をどのようにするかあたりが話題になります。

 

ですが、すべての毛を脱毛するハイジニーナ脱毛にしておけば、生理中の不快な蒸れなどを回避する事が可能であるし、雑菌が増える可能性もすべて防げるのです。

VIO脱毛の2つの選択肢とそれぞれのメリット

 

VIO脱毛の方法には、大きく分ければ2つあります。

 

専門の病院などに任せる方法と、エステ店です。

 

どちらもそれぞれメリットがあるのですが、痛みを重視しているのであれば、後者の方がメリットが大きいとの声が目立ちます。

 

基本的にエステ店の場合は、痛みはそれほど大きくない傾向があるのです。

 

エステ店では光を用いて施術を行う事が多いのですが、その力はそれほど大きくないのですね。

 

むしろかなり弱い光が用いられますので、施術時に大きな痛みを感じるケースはそれほど多くありません。

 

ところが病院の場合はレーザーの光を用いる事が多いので、施術箇所に対する痛みを伴う事がある訳です。

 

ですので痛みが少ないのが望ましいと考えるならば、エステ店が良いでしょう。

 

ですが病院には、期間に関するメリットがあります。

 

エステ店に比べると、通い詰める期間が短めになりがちなのですね。

 

エステ店の場合は3年から5年くらい通うケースも多々あるのですが、病院の場合は2年や3年くらいで完了するケースが非常に多いです。

 

もちろん通い詰める期間が短い方が、それだけ労力も少なくなりますね。

 

ですのであまり手間をかけたくないと思うのであれば、病院によるVIO脱毛が良いでしょう。

 

結局どちらを選ぶべきかは、ニーズ次第と言えます。